幼児期からの歯科矯正のメリットなどについて紹介しているサイト

>

幼児矯正をする上で注意しておくべきこと

ブラッシングは通常よりも丁寧に

矯正期間中は、矯正器具を装着した状態での生活時間が大部分を占めることになるため、矯正器具によっては着脱式ではなく装着した状態のまま歯磨きすることになるので、歯だけではなく矯正器具自体にも汚れが付着しやすくなります。
汚れを放置したり、ブラッシングが不十分だと当然虫歯などの原因となります。

幼児期は虫歯になりやすく歯もデリケートなので、適切でこまめなブラッシングがより不可欠です。
力を入れずに、ブラシを細かく動かして飲食の度にケアするぐらいをできれば心掛けたいものです。
子供自身でなかなかブラッシングケアがうまくできない場合は親御さんがケアをサポートする必要も出てくるでしょう。
矯正は完了するまでに時間がかかるので、根気よく毎日のケアをしていくことが大切です。

場合によっては費用が高額になることも

矯正治療は歯科医院によって比較的自由な費用設定ができる部分があるので、矯正歯科を謳う歯科医院の中でもどこで受けるのが良いかは初めにある程度吟味することが大切です。
とはいえ、余程のことがなければ費用にすごく差が出るということはありません。
矯正治療は他の治療と同様、誰にも共通の治療法で対処できるものとは限らないので、矯正器具の装着に問題が出たり、本人のブラッシングに問題があったり、矯正治療中に何らかの不具合が出たりなど、ケースによっては追加で費用が発生することがあることを覚えておきましょう。

幼児矯正は子供の成長期に行うものであることからも、器具自体が体に合わなくなったり、子どもの噛み癖や指しゃぶりなどの癖が影響して調整の頻度が増えればそれだけ費用もかかります。


この記事をシェアする

トップへ