幼児期からの歯科矯正のメリットなどについて紹介しているサイト

>

幼児矯正と成人矯正はどう違う?

成長期かどうかが違う

成長過程にある幼児期や子供の時に始める幼児矯正は、成長が止まった大人の歯科矯正とは違います。
歯が成長中の状態であることに加え、大人の歯を矯正する場合はそれまでの生活の中で蓄積された磨き残しなどによる歯垢の除去や虫歯など、現状を整える必要が出てくることがよくあります。

磨き方の癖など、長年の習慣によるところからの弊害が生じている場合があるので、その点乳児や子供の内に歯科矯正を始めるのは合理的とも言えます。
しかし、矯正は必要に応じて大人になって何歳から初めても構わないものであることは間違いないので、生活状況や費用などと相談して歯科医院へまずはカウンセリングを受けてみましょう。
歯列をキレイに矯正することでより自分に自信を持つことにも繋がります。

矯正にかかる費用が違う

大人になってからの歯科矯正は幼児期に始める矯正に比べて一般的に費用が高額になる場合が多いです。
子供の場合は成長過程の段階で行うため、余程の磨き残しや虫歯でなければ歯も比較的キレイな状態で始めることができます。

しかし成長の終わった大人の歯というのは、長年の癖や磨き残しなどからの虫歯や治療痕、噛み癖などによる骨格の歪みなどさまざまな矯正以前の問題を解決する必要性がある場合があるのです。
これらの治療をまずしてからとりかかる必要があったり、並行して行うとそれだけ費用もかかってしまうため、子供の頃から取り掛かるよりも費用が高くなってしまうことが多いのです。

もし、先を見越すのであれば歯科矯正も早めに子供の内から行うのが一番良いかもしれませんね。


この記事をシェアする

トップへ